member image

ミシェル・ホルダイク

専門分野:

トレーニングメソッド、(個人)スキルトレーニング、コーディネーション


言語:

オランダ語、英語、スペイン語


経歴:

2011年7月から2015年6月の間、スキル段階(12歳以下)のテクニカルマネージャーとして、ミシェルはAFCアヤックス・アムステルダムアカデミーのU8からU12 の年代の育成フィロソフィおよびトレーニング理論の改革を担当した。

ヨハン・クライフの理念にヒントを得て、技術スキルトレーニングがU8からU12の年代のトレーニングに再び採用された。クーバーメソッドの基本原則を最新のトレーニングスタイル(クーバー2.0)と組み合わせることで、アヤックスアカデミーの子どもたちはボール扱いに慣れ、1対1のやり方を学び、そして何よりも自分たちの創造性を最大限に伸ばすことができるよう課題を与えられた。

さらにミシェルは、ヨハン・クライフとヴィム・ヨンクの“アカデミーにはストリートサッカーの文化が必要である”という主張を実践に移した。彼は選手に自由と責任を与え、ミニゲームをさせ、様々な種類のピッチでトレーニングを行うことで、ストリートサッカーの原理をスキル段階のトレーニングプログラムに取りいれた。

ミシェルはまたクライフ・プランの共同発案者の1人でもある。彼はストリートサッカーのメリットを見直すとともに、最年少の子供たちグループが小さなピッチでプレーできるようにする策として“ツイン・ゲームス”というコンセプトを導入することにより、オランダの育成年代のレベルアップを図った。この試みはまずアムステルダムで試験的に導入され、その後瞬く間にオランダ中に広まった。プロクラブが参加する大会での2年間の試験期間を経て、このツイン・ゲームスのコンセプトは、今やオランダの育成年代の改革にとって不可欠な基本方針としてオランダサッカー協会(KNVB)によって公式に採用されている。2017/2018シーズンより、6歳から12歳のグラスルーツレベルを含む全てのオランダの子供たちは、これまでよりもかなり小さいピッチでプレーすることになる。

2015年7月から12月の間はミシェルはタレント育成部門に勤務し、フットボール理論を中心とした彼の知識をアヤックスの組織全体に実践する役割を担った。アヤックスに来る以前はNACブレダ、FCユトレヒト、CSKAモスクワ等のクラブでスキル・トレーナーを務めた。