ヨハン・クライフのフットボール・レガシー

ヨハン・クライフのフットボール・レガシー

魅力的なフットボール

ヨハン・クライフという名は革新の代名詞です。いつも私たちを驚かせこそすれ、退屈させるということがありません。

不利なことを有利に変える。何もないところからも何かを創造する。共に強くなるため互いの長所を活かす。責任を伴った自由を実現する。若者にチャンスを与える。困っている人を助ける。そして、ファンを楽しませる。

これらの精神を持ち続けていれば、必ず勝つことができます。そして皆の手本となるのです。


魅力的なフットボール

ファンがスタジアムに来るのは楽しむためです。ヨハン・クライフのレガシーは、その特徴的なシステム、独自のフットボール原理、およびチームのパフォーマンスを最大化するための明確なトレーニングメソッドに基づいた、魅力的で攻撃的なフットボールです。

“Playing football is very simple. But playing simple football is the hardest thing there is”

– Johan Cruyff – 


「個」の育成

才能のある選手を、ボールをコントロールし、ゲームを理解し、優雅に動き、フェアにプレーする“トータル・フットボールをこなすことができるプレーヤー”に育て上げるためには、「個」を伸ばす特別なアプローチを行う必要があります。

“I have never seen a team make a debut. Individual players do. Therefore, an academy should focus on individual development”

– Johan Cruyff –


自覚ある選手

選手はプロであり、社会の手本でもあります。選手は自分自身の利益を追求するだけでなく、ファン、若者、そして恵まれない人たちに対する責任を全うしなければなりません。

“A football player has a big social responsibility. He is an example to many”

– Johan Cruyff –


Cruyff Footballはフットボールにおける主要な3者のステークホルダーと協働しながら、このヨハン・クライフのレガシーを守り、普及し、そしてさらに発展させていきたいと考えております。

その3者のステークホルダーとは、技を磨きそれをピッチで表現する選手、魅力的なフットボールスタイルを志向し、個別的アプローチによってタレント育成を行うクラブと指導者、そして魅力的で攻撃的なフットボールを求めそれを楽しむファンなのです。