ビジョナリーとしてのヨハン・クライフ

ビジョナリーとしてのヨハン・クライフ

選手そして指導者として素晴らしいキャリアを過ごしたヨハン・クライフはまた、フットボールの革新者でありビジョナリーでもありました。

トータル・フットボールと称されるヨハンのスタイルは全ての選手が攻守に関わりピッチのスペースを最大限に活用する新しくダイナミックな数々の戦術を生み出し、フットボールに革命をもたらしました。

“He was the Godfather of Dutch football”

– Frank Rijkaard – 

加えてヨハンは、常に内容と結果の両立を目指す“美しいフットボール”の一番の提唱者であり、フットボールとは本質的にファンを楽しませファンに喜びを与えるものであるべきだと唱えていました。

またヨハンは生え抜きのタレントを育成し起用することに強い信念を持っており、AFCアヤックスのデ・トゥコムスト、FCバルセロナのラ・マシアというフットボール史上最も名声を博し成功したフットボールアカデミーの発展に尽力しました。

“Johan Cruyff painted the chapel, and Barcelona coaches since merely restore and improve it”

– Josep Guardiola –

個人としての成長をアカデミーの基本方針とするヨハン独自のタレント育成哲学は、何世代にもわたり優れた選手や指導者を生み出してきました。ヨハンの薫陶を受けた選手・指導者は今日においても現代フットボールを代表する存在であり続けており、ヨハンの残した偉大なフットボール・レガシーの生ける証拠となっています。

“For me, he was the most relevant person in the history of Barca and the ones that are here always maintain his legacy. His philosophy is the best in the history of football”

– Xavi Hernandez –