指導者としてのヨハン・クライフ

指導者としてのヨハン・クライフ

AFCアヤックスやFCバルセロナでフットボール哲学を磨き、実践したヨハン・クライフは、指導者としても多大なる影響力を持った人物でした。

アヤックスで指導者としてのキャリアをスタートしたヨハンは1987年にUEFAカップウィナーズカップを勝ち取り、多くのオランダ人選手をワールドクラスの選手へと育て上げました。

“He sees football situations so clearly that he was always the one to decide how the game would be played”

– Marco van Basten –

1988年にヨハンはバルセロナに再び降り立ち、8年間にわたる指導によって、世界最高峰のフットボールの象徴であり美しいゲームの模範形たる現在のFCバルセロナの基礎を作りました。

その間、ヨハンは1991年から1994年にかけてFCバルセロナを国内リーグ四連覇に導き、1989年にUEFAカップウィナーズカップを、1992年にウェンブリースタジアムにてUEFAチャンピオンズカップを制覇するなど、“ドリーム・チーム”と称される伝説的なチームを作り上げました。

“He was, without a doubt, the best coach I ever had. His lessons will be eternal in my life”

– Romario –

しかしこうした数々のタイトル以上に、その革新的なフットボールスタイルや独創的な指導メソッド自体がヨハンの名将としての名声を揺るぎないものとしています。

後に続く数々の名指導者達にインスピレーションを与えたことによって、ヨハンは世代を超えた世界のトッププレーヤーのために道を開き、世界中のファンを楽しませてきたのです。

“He must be one of the most creative coaches in football history. I always loved his ideas and he was always talking about something new ”

– George Hagi –